プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012/01/13/Fri 00:45:23
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:雑談

明けましておめでとうございます


遅ればせながらご挨拶(^^)
今年も皆様にとって良い年でありますように…。



クリックすると拡大します

(クリックすると拡大します)


今年も超不定期ながらボチボチ更新しますので、当ブログもよろしくです♪







*本日の写真*
body;PENTAX K-r
lens;DA-L18-55F3.5-5.6

  • 2011/11/30/Wed 02:00:35
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:雑談

シリア戦



クリックすると拡大します



先日神戸のイケアに行った際の一枚。
眠そうなみなちゃんにアホ面のいっ君。
なんとも…(笑)
(クリックすると拡大します)




今更ですが、U22日本代表ロンドン五輪予選(vsシリア戦)、観ました?
なんて言うか、ストレスの溜まる試合でしたね。。。
あ、シリアはいいチームだったと思いますよ。
年齢詐称してない?って言う気もするけど、かなり強いと思いますし。
ま~勝ったからよかったものの、次のアウェーはかなり危ない予感が。。。
最も、今のシリアでホームゲームは無理なので、中東の第三国での試合になるとは思いますが。

で、試合内容ですが、何かね~。

もっとシュート打てよ!

緩急つけろよ!!

攻め急ぐなよ!!!


って感じが。。。

大迫・山田はせっかくのシュートチャンスなのにパスを出すシーンが多かったですよね。
サッカーってゴール数を競うスポーツなんだから、もう少しゴールを目指そうよ…。

それから緩急。
このチームの一つの特徴なんだけど、
後ろがボールを持ったらとりあえず縦に一本パスを出しちゃうんですよね。
なんて言うか、常にあわただしくしていないと落ち着かない、強迫観念じみたものすら感じてしまう(苦笑)
あんな一本調子じゃ相手もディフェンスをやりやすかっただろうなぁ、と思います。

最後。
前半先制点を決めて勝ってるのに、なぜ後半もとにかく縦パス一本で攻め急ぐのか?
無理せず後ろでパスを回しつつ相手を引き出して、
空いたスペースを使いつつ前進していけばいいんじゃ?
ほんで、前が無理そうだったら一旦下げて作り直す。
この繰り返しでかなりボールを保持できるはずだし、
そうする事でカウンターを受けるリスクをかなり減らせるのに。
前半に散々ワンパターンな縦パスを繰り返すからシリアのディフェンダーも慣れちゃって、
後半は無理な攻めからカウンターを受ける事が多かった。


山田直樹は何とか緩急のバランスをとろうと四苦八苦してた印象があるけど、
その苦労を尻目にボランチの扇原・山口が二人揃ってとにかく縦パス。。。
試合そのものは面白かったんだけど、
日本として勝つための試合運びは何一つ出来てなかったように感じました。
まぁ、それでも勝っちゃうのが凄いんですけどね。。。
それだけ選手の能力自体は高いってことでしょうから。。。

しかし、もう少し大人なゲーム運びを出来るようにならないと、
もし予選を突破出来ても本戦では通用しませんよ、関塚さん。

次は、日本はシーズンオフの2月に再度シリア戦。
ここを勝つか引き分ければ事実上オリンピックの出場権が得られるであろう天王山です。
課題山積のチームですが、
ぐだぐだ文句を言いながら次回も応援したいとは思ってます(^^;)







*本日の写真*
body;PENTAX K-5
lens;SMC Pentax FA31mmF1.8 Limited

  • 2011/07/05/Tue 01:33:49
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:雑談

観戦中?



クリックすると拡大します


(クリックすると拡大します)

最近寝返りをはじめたみなちゃん。
と言っても、まだひっくり返っては
「うえぇぇぇーーーーーん!!!」
ですが。。。
ただ、横向きになるのは大の得意技。

と言う訳で、ソファで横になってサッカーを観戦中です?




さて、世間ではあまり注目されていないFIFA U17ワールドカップ。
無敗で予選リーグを突破し、かつ決勝トーナメント初戦を6-0と圧勝した日本は
ベスト4の座をかけて優勝候補筆頭のブラジルと対戦しました。

で、結果はと言うと2-3で惜敗。

一時は0-3まで行ったのですが、後半30分過ぎから驚異の追い上げを見せ、
最後は
「ホントに追いつくんでは??」
ってくらいの猛攻撃。
が、無情にもタイムアップ。。。

ショートパスを主体として相手を崩していくスタイルを基本とする日本代表は、
ピッチコンディションの悪さ、ブラジルの球際の強さにかなり苦しめられた印象です。
そんな中でも、とにかく前向きのパスを出し、
なんとか攻撃に繋げていこうとする姿勢が素晴らしかったです。
0-3から2点を取り返すメンタルもホントに見事でした。
一世代前の年代と違い、この年代には突出したタレントがいないと言われています。
確かにそうなんですけど、決してレベルが低い訳ではなく、
むしろ全員がそれなりに高いレベルでまとまってる印象です。
特に、パス出しの技術とそれを受けるトラップの技術はかなり高いかなぁ、と思いました。
それから、運動量が非常に豊富。
試合終了間際になるとブラジルの選手が足をつって運動量が落ちる中、
日本の選手は相変わらずの運動量を維持してました。
この運動量こそが、ポジションチェンジとショートパスの連動性を支えていました。

逆に課題は永遠のテーマである決定力。
最後の最後でパスやトラップのミスはホントにもったいないですね。
シュートが枠内の飛ばないのももったいない。
ブラジルは半分が枠内、それに対して日本は30%程度。
この差は大きいですね。


さてさて。
改めて試合全体を眺めてみると、完敗、って訳じゃないんですけど、
全体的にブラジルの個人技にやられるシーンが多く、
割と押し込まれてる時間帯が多かったですね。

それでも、最終的にボールポゼッションであのブラジルを上回ったのは驚異的かなぁ、と。
さすが、メキシコ(開催地)のテレビ中継でバルセロナと称されるだけはあります(笑)
ちなみにこのチーム、予選のアルゼンチンやフランス戦でも圧倒的なボゼッションで戦ってました。

育成世代ですから、特に日本人の場合フィジカルが弱いですし、
単純なミスも結構目立ちました。
だけど、一昔前のこの年代と比べてみると、
「この年代でこんなに綺麗にパスをつなげられるんだ…」
とプチ感動しながらみてました。

それにしても、この世代はホントに強いかもしれません。
フィジカルがついてきて、細かいミスを修正していくと少なくともアジアでは無敵では…??
まぁ、このフィジカルやミスの問題がいつまでもつきまとうのも日本の特徴ですけどね(笑)

何はともあれ、選手の皆さんお疲れさまでした。
ベスト8は立派な成果だと思いますので、胸を張って日本に帰ってきてください(^^)






*本日の写真*
body;CANON EOS 5D MarkⅡ
lens;CZ Planar50mmF1.4

  • 2011/05/12/Thu 00:13:25
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:雑談

アマゾンはキケン



クリックすると拡大します

(クリックすると拡大します)

見かける事自体が少なくなった公衆電話。
昔は並んでまで使ってたのに、最近はめっきりですね。
今の小学生なんて、そもそも使い方を知らないんじゃ??



さて、アマゾン。
ハッキリ言って、あのシステムは危険な事この上ありません(笑)
基本的な登録作業を終えていれば、
後は数クリック→2~3日後には所望の品が自宅に到着!
という素晴らしくシンプルな流れですからね。。。

ここ最近も本にNEX-5の予備バッテリー、芝の手入れ用具と、
立て続けに注文してしまいました。
他のネットショップと違って送料がかからないのも大きいですけど、
やっぱりあの単純明快な流れに一度慣れてしまうと
中々他のお店には行けませんね(^^;)
しかも、様々な分野で豊富な品揃えとくると、もう鬼に金棒状態です。
職場の後輩なんて僕よりも遥かにヘビーユーザーで、
月に10万を超える買い物もざらなんだとか…(独身です)。

このシステムを考案・構築したアマゾンって偉大だねぇ、と改めて感じる今日この頃です。。。







*本日の写真*
body;Bessa R3M
lens;Summicron50mmF2(4th)
film;Kodak E100VS

  • 2011/05/08/Sun 01:43:03
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:雑談

大人がはまるかも



クリックすると拡大します

(クリックすると拡大します)

テレビの上には電車、そして脇にはバス…。

最近、MUJIの一緒に遊ぶ工作絵本シリーズにはまってます。
今は乗り物シリーズ。
少し前にアルファベット動物シリーズを買ってみた所、
子供の食い付きがよかったので…。

ただ、手先のこまかな作業が続くため意外と対象年齢は高いです。
3歳児にはちょっと無理かな…。
と言う訳で、僕か嫁さんが作るのを横で見てて、
出来あがった乗り物で遊んでるって感じです(^^;)
極々一部、手伝ってくれる所もありますが…。

このシリーズ、作り始めると結構楽しくて、
どちらかと言うと大人の方が楽しめるかも知れません(^^;)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。