プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧者のノクチ

100323.jpg

Bessa用(というか、Mマウント)コシナ・ノクトン50mmF1.1にて。
多分F5.6位。

このレンズ、貧者のノクチなどと揶揄されることもしばしば。
確かにノクチルックスは驚異のF0.95という明るさを誇るけど、
一般庶民には天文学的な価格だし、
F1.1でもピント激薄なのにこれ以上被写界深度を浅くしたらピント面すらなくなるのでは?
などとアホな事を考えてしまいます。

それに、このレンズで気になることと言えば
二線ボケが出やすいことくらいで、
開放付近での甘さはノクトンならではと割り切れば納得が出来るレンズですしね。
…というか、開放で撮るとピントが来てるのかどうかがよく分からないから、
描写が甘いかどうかというのは判断しかねるんですが…(-_-;)



こちら↓が開放で撮影。
100323_2.jpg

結構頑張ってピントを合わせたんだけど、
きちんと来てるかどうかよく分からない…。
F1.1までいくと、さすがに背景のボケはハンパじゃありません(^_^)


どうでもよいことですが、
この手のレンズは、開放で使ってこそ意味があるものだと思います。
絞ればどのレンズも描写性能は収束してくる訳で、
それだとこんなにデカくて重いレンズを使う意味が無くなっちゃいますから。
まぁ、大口径単焦点レンズが全てそうかと言われるとそうでもないのですが、
特にこのレンズのように「明るさ」にセールスポイントがあるようなレンズは、
意地でも開放で使いたくなりますね(^_^)

ただ、このレンズを使用する時はそのボケと引き換えに、
レンジファインダーのメリットである携行性を損なう事にはなりますが…。。。






*本日の写真*
body;Voigtländer Bessa R3M
lens;NOKTON50mmF1.1
film;FUJIFILM neopan prest400
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/662-c899758f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。