プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDR写真



午前中にひとしきり公園で遊んだ後立ち寄ったうどん屋さんにて。
どうにも眠かったらしく、あむあむと食べながらお休みになっていますzzz


さて、今日は少し変わったネタを。

HDR写真というものをご存じでしょうか?

HDRとはHigh Dinamic Rangeの頭文字をとったもので、
簡単に言うと、

「定点で露出違いの写真を複数枚撮影し、
その後合成処理を行うことで通常では得られない広いダイナミックレンジが得られる」

撮影技法です。

最近ではPENTAXのK-7や、(確か)FujifilmのコンデジにもHDR合成機能が搭載されています。

…という訳で。
公園で子供を嫁さんに託し、しばしの間HDR用写真の撮影を行い、
帰宅後、早速合成を行ってみました↓

基準露出とした写真
HDR合成処理を行った写真


中で休憩されている方の首から上がないのは心霊写真でも何でもありませんので悪しからず(汗)

僕も含めて普段はデジカメで普通にしか写真を撮ってない人にとっては、
はっきりいって違和感がある写真です。

曇り空をフレーム内に入れると、通常では白飛びしてしまいますからね…。

ただ、HDR合成を行う上ではこういう被写体は不適切だったかも知れません。
夜景などが最もその威力が分かるかなぁ、と思いますね。

例えば、ショウウィンドウやガラス張りの内部の様子と
屋外の照明で照らされている部分と光が届いていない部分。
全てを一枚の写真上で表現しようとすると通常の撮影では絶対に無理。
フィルムでも絶対に無理だし。


ちなみに今回は、基準とする露出から±4EVの範囲で合計9枚撮影(当然三脚固定)し、
それら全てを用いて合成処理を行いました。

フィルムの場合、ラティチュードがネガで大体10EV、リバーサルが5EV(だったと思う)。
デジタルが大体リバーサルと同じと考えると、
今回の合成で得られた写真はネガを遥かに上回るラティチュード(=ダイナミックレンジ)
を達成したことになりますね。
(この辺り、間違いがあれば是非ご指摘を)

今回HDR合成を行うのに用いたのはPhotomatix Pro 3.0というソフト。
僕は体験版を使用していますが、
体験版ではソフトのロゴが処理後の画像に入る仕様になっているようです。
まぁ、僕の場合お遊び程度ですので、それくらい全く問題ありませんが。
体験版はこちらからダウンロードできます。

また、HDR関係では島田寿朗氏によるHDRiな生活という有名なブログがあります。
面白いブログですので、興味がある方は是非ご覧になって下さい。


フィルムカメラにはそれはそれとしての楽しみ方があるけど、
デジタルにはデジタルの楽しみ方がある。
露光間ズーミングなんかも面白そうだけどフィルムではやる気がしないし、
デジタルカメラを使える状態にある以上、
今後も少しずつですがデジタルならではの遊び方で写真を楽しめたらなぁ、と思います。

*大きいサイズの写真はこちらからどうぞ*



*本日の写真*
全てSIGMA DP2にて

ホントはデジイチでやりたかったんですけどね…。
公園にはOM-1を持って行ったので、(荷物の量的に)デジイチは持って行けませんでした…。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/442-6c1048d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。