プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォクトレンダー・ベッサフレックスTMと縞々ゼブラのテッサー

フォクトレンダーという名前を聞いたことがあるでしょうか?

フォクトレンダーとは、元々は18世紀にオーストリアで開業し、
その後19世紀に入ってドイツに移転した光学機器メーカーです。

フォクトレンダー自体は様々な企業体への吸収・譲渡を幾度となく繰り返し、
現在その商標権はドイツのプルスフォト及びリングフォトとの共有名義となっています。
また、1999年にはプルスフォト・リングフォトと
日本の光学機器メーカーであるコシナがライセンス契約を結び、
フォクトレンダー及びその一連のレンズ名の商標を使用して
カメラ・レンズを製造販売しています。
コシナは残念ながら自社のカメラ販売には成功しなかったものの、
他社OEM提供では素晴らしい実績を有する企業ですし、
ライセンス契約を締結しカール・ツァイス銘のレンズも製造・販売しています。
そういった意味では、品質・信頼性ともに信頼のおけるメーカーだと思います。
(ちなみに、本社は長野県にあります。)



さて、話をタイトルに向けてみましょう。

実は、先日フォクトレンダーのベッサフレックスという
MF一眼レフカメラを購入しました。

091011_1.jpg

付いているレンズはCarl Zeiss Jena Tessar50mm F2.8。
所謂ゼブラ柄で、MCタイプではなくモノコートになります。
ちなみに、テッサーは普及版という位置付けであり、
相当数の生産が行われているようです。
このレンズ、デザインが面白いですよねぇ?
このゼブラ柄は(確か)60年代に大流行したのだそうです。
なので、ツァイスは変わり者だなぁ、なんて思わないように(^_^;)


カメラの購入先はこちらです。

この大貫カメラさん、僕は適当に検索したリンクから
直接電話連絡で購入したのですが、
改めてHPを見てみてビックリ!
なんと、ライカやローライ・ハッセルの正規輸入代理店ではないですか!
道理で対応が良いと思いました~(^_^;)

このカメラ、2006年まで生産していたこともあり、
シルバーボディだったら現在でも新品を販売しているところもあるみたいですね…。
ここ とかは在庫があるのでしょうかねぇ?
(僕は確認していません…)
ちなみに、僕が購入したブラックボディは人気が高く
新品を販売しているところを見つけることができませんでした。
オークションなどで出回ってもそこそこ高値が付くみたいです。
僕は送料込みで22500円にて購入しましたが、
かなりラッキーだったのでは?と思います。


ところで、そもそも何故このカメラを購入したかといいますと…。

最近M42マウントのレンズを購入し、しばらくデジイチで使用していましたが、
フィルムカメラで使用するに当たり、アダプターを使用してもよいのですが
どうせならM42マウントカメラがよいなぁ、と思いまして…。

また、M42マウントレンズをアダプター経由で使用した際に
露出が大幅にズレることがあるのも、
アダプターを使用してフィルムカメラで撮影することに抵抗感を覚える要因の一つです。
最も、デジタルカメラ(K200D)での話なので、
フィルムカメラにアダプターを用いて撮影した場合は不明ですが…。

そういう意味では購入するカメラはペンタックスのSPでもよかったのですが、
ベッサフレックスTMのほうがデザインが気に入ったというのもあります(笑)。
ちなみに、ベッサフレックスTMのTMは
「Thread:スレッド(ネジこみ) Mount:マウント」の略称です。

M42マウント一眼レフカメラとしては、
M42マウントの生みの親であるプラクチカも考えましたが、
元々はプロ用機であった同メーカーのカメラ、
古いものは程度が悪いものが多いらしく、
比較的新しいものはベルリンの壁が崩壊する直前まで
旧東ドイツで製造されていましたが、
社会主義体制の弊害により工業製品の品質は著しく低いもので、
僕が購入を検討していたMTL50もボディは総プラスチックに
ビニールレザーを巻いただけという、
質感も何もあったもんじゃない製品でした。
ま、それはそれで面白いかな?と思ってたんですけどね…。
プラクチカのほうが安く買えますし(^_^;)
このあたりの話はこちらのブログで詳細に紹介されていますので、
興味がある方はリンクをたどって見てみてください。

また、ベッサフレックスTMに関する記事としてここを紹介しておきますので、
興味がある方は是非どうぞ。

ひとしきり使ってみたら、
またインプレッション記事を書きたいと思います(^_^)

あ、ついでにもう一枚。
上の写真のテッサーの他に、
M42はこんなレンズを持ってます☆

091011_2.jpg

手前左から、
・Carl Zeiss Jena MC Flektgon 20mmF2.8
・Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mmF3.5
・Carl Zeiss Jena MC Flektgon 35mmF2.4

そして奥が、ASAHI PENTAX SMC Takumar 28mmF3.5です☆


*本日の写真*
全てCanon EOS KissX2+EF35mmF1.4L USMにて
スポンサーサイト

COMMENT

留まるところを知らんねぇ~

どんどんと沼の奥底に足が埋もれていってるな・・・。

って、ベッサは俺も欲しかったけどw

最近時折訪れてる以下のブログで、SPを使った写真が紹介されてるんだけど↓
http://smile--happy.jugem.jp/?eid=288
やっぱ、古いカメラって何か味があって良いなぁって思うよ。

そうそう、露出のズレが気になるなら、やっぱ単体露出計を買いなよ。
特に、アナログ型を絶対オススメするよ。
デジタルだと適正な組み合わせ(絞りとシャッター)が一覧で分からないから、
あまり勉強にならないと思うんで。

だいたい、おかしな話じゃん?
カメラが決めた露出に対して、プラスマイナス補正してんだぜ?
だったら、自分で決めろよってことでしょ?
mabeなら、マニュアルですぐ合わせられるようになるさ!
こういうのは勉強だよ、勉強◎(1~2Kでおつり来るから)

露出計

欲しいんだよね~、最近。
これがあれば、露出計不良の激安カメラも使えるしねぇ(笑)
ま、しばらく気長に探してみますわ…。

ブログの写真綺麗だね。
露出の決め方なんかがうまいのかな…。
僕は基本的に若干アンダー気味に撮るんだけど、
ブログの写真みたいにオーバー気味に撮るのも楽しそう☆

ベッサ欲しいですか~(欲しかった?)。
ベッサを買ってしまった僕は、
やはりSPが欲しくなってきてます(笑)
トップカメラでSPを少し使わせてもらったけど、
質感は別としてファインダーは暗いね…。
その点ではベッサフレックスは問題がないので、
(ファインダーはホントに明るい!)
M42マウントカメラとしてはベッサはお薦めですけどね~。

沼にズブズブ~~(汗)

子どものだからさ

子どもの写真だからね。
その方が、肌の質感がよく出る気がするから。
あとは、個人的な趣向もあるかもw (この辺、好きずきあるもんね?)

余談だが、D80がそもそもオーバー気味に撮れるってのはある。
通常でも-0.3段補正してるもん。
これが唯一、あのカメラのいただけないところかな~?

カメラの露出

キャノンとニコンは似たようなものかな。
僕もX2は常時-0.3段補正にしてます。
場合によっては(夜間の蛍光灯下室内撮影など)-1段にすることも。

パパ・ママさんカメラマンが多いと思われる二大メーカーなので、
一般的にきれいに見える明るさをデフォルトにしてるんでしょう。

逆にペンタックス(K200D)は補正なしか+0.3段が多いかな…。
まぁ、露出に関しては個人の趣向、
メーカーの趣向、色々ありますな。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/299-3e9f5cb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。