プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2008/10/11/Sat 00:25:29
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:独り言

金融市場、すごいことになってますね

いや、驚きのスピードで状況が変化していきますね。
そして、驚異のスピードで株価は下落してます。

まぁ、信用不安ってのは、
得体が知れない分マーケットは余計に振り回されるんでしょうけど、
それにしても、日経平均の現水準はあり得ないかな、と…。

今が8250円くらいでしょ…。
バブル崩壊後の最安値が2003年4月の7608円(だったかな?)。
そこからさかのぼると、次の最安値はなんと1982年の6800円くらいだそうです。
でも、今の調子でいくと2・3日でどちらの安値も突破しそうですね…(^_^;)
会社の先輩なんて、
「あと1・2週間で日経平均0円になるんじゃない?」
なんてアホなことを言っておりました(^_^;)


しっかし、ほんとにどの銘柄も安くなったものです。
株価の割高・割安を示す指標はかなりの数がありますが、
その中でメジャーなものにPBR(株価純資産倍率)というものがあります。

PBRは、一株当たりの株価を一株当たりの純資産で割った数字です。
つまり、PBRが1だったら株価と純資産が釣り合ってる状態。
1以上だと純資産に対して株価が割高で、
逆に1以下だと純資産に対して株価が割安ってことになります。
ちなみに、PBRの単位は「倍」です。

で、PBRを基準に東証一部上場銘柄を見てみると、
何と1000銘柄(全体の6割くらいかな…)がPBR1倍割れしてしまってます。
これってつまり、ある会社を買収しようとした時に、
実際の価値よりも低い金額でその会社を買収できちゃうってことです。
通常大型株でPBR1倍割れってなかなか見ない気がしますが、
最近ではなんでもかんでも暴落しちゃってますからね…。
あの新日鉄なんかも、つい最近PBR1倍を割ってしまいました。

そうそう、この一件で思い出したことがあります。
鉄鋼で世界最大の企業は「アルセロール・ミタル」という会社です。
この会社、いくつもの会社が合併を繰り返して出来上がった会社で
粗鉄生産量はダントツで世界一なのですが、
イマイチ高級材の開発力が弱いと言われています。
それに対して、日本の鉄鋼メーカーは
高級材の開発力に優れていると言われてますね。
で、アルセロールは、
その技術力欲しさに新日鉄・JFEや住金などの会社を
買収するのではないか、という噂が以前から流れてました。
これまでは日本の鉄鋼メーカーの株価自体が
かなり上がってたので問題なかったのですが、
ここまで下がってくると、ほんとに買収されちゃうかも知れませんね…。
なにしろ、喉から手が出るほど欲しかった高級材の技術力を
株価指標から見れば(実際の金額的にも)割安で買えるのですから…。

ちなみに、新日鉄はここと提携することによって
ヨーロッパでの販売経路を確保しています。
もともと提携をしているという関係上、
TOBをかけられるようなことはないとは思いますが…。
鉄鋼関係は業界再編が起こるとずっと言われ続けてきますので、
興味がある方はしばらく注意してニュースを見てみてください。


さって、後は今週末のG7でどうなるかで、
今後の株価が大きく左右されるってとこですね…。
形骸化してるG7ですからイマイチ期待は持てませんが、
マーケットが明らかに公的資金による資本注入を催促している今、
具体的な解決策を何一つ示せないという事だけは避けて欲しいかな…。
じゃないと、ほんとに世界恐慌が起っちゃいます(^_^;)
スポンサーサイト

COMMENT

鉄鋼大変だよねぇ

去年までは、kg当り70~80円だったものが、だんだん値上がりしてkg当り100~130円にまでなってます。そうかと思えば、先月辺りから、H鋼などの一般鋼材の値段が二極化してるそうです(新日鉄やJFEから買うと高いけど、同じ材料を中国などから輸入すると安いという現状。それだけ輸入材が増えているそうです)。新日鉄もJFEも高級材に力を入れるといっているため大手はいいのですが、中小の鋼材屋にとっては問題。経営の舵取りが難しい局面に入っているようです。

そうだねぇ

確かに、大手以外はなかなか厳しいかもしれないねぇ。
人件費や安全関係に回している費用、
土地などの固定資産費用を考えると中国には勝てないからなぁ…。
でも、最近何かと話題の中国。
鉄に中に石を混ぜてるかも・・・?(^_^;)

それはさておき、こういう局面は業界再編が起こりやすい環境であると言えます。
これを機に日本でも吸収・合併が進むかも知れませんね。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/236-458290ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。