プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルカメラのナキドコロ

デジタルカメラで写真を撮ると、
必ずついて回るもの、
それがデジタルカメラの泣き所「ノイズ」です。

ノイズと一言で言ってもその種類は多岐に渡ってますが、
メジャーなところでランダムノイズや熱ノイズなどがあります。
これらノイズが発生する原因はただ一つ、
「撮像センサー」です。

デジタルカメラは、撮像センサーで捉えた光(アナログ)を
電気信号(デジタル)に変換して画像を生成していますが、
この過程(A/D変換)でどうしても多くのノイズが発生してしまいますし、
高感度撮影時にはゲインアップ(信号の増幅)により
ノイズの増加をさらに助長してしまいます。
また、ノイズの出方は同じ画素数でもセンサーのサイズが大きいほうが少ないし、
同じ画素数・サイズだからと言って、
必ずしも同じノイズののり方をする訳ではありません。
要は、撮像センサーの性能、という部分も存在します。

多くのメーカーはこの泣き所をカバーするために
ソフトウェアノイズリダクションの開発を行ってますが、
特にコンパクトカメラでは
「これでもか」と言うくらいにノイズリダクションがかかってる機種が多いですね(^_^;)

当然一眼レフで撮った時にもノイズがのりますが、
コンパクトカメラに比べると遙かにノイズは少なくなります。
それでも、特に高感度撮影を行うとノイズがひどく目立つことも多く、
その除去に大変な労力を割いている方も多いと思います。

僕は最近、フォトショップのプラグインとして使用する
「Nik Dfine」というノイズ除去ソフトを導入しました。
1.jpg

Nik社と言うとニコンのRAW現像ソフトを手掛けているメーカーとして
ユーザーには馴染みが深いと思いますが、
デジタルフォトを取り扱うプロ・ハイアマチュアでは
知らない人がいないくらい有名なトコロで
アドビ製品のプラグインソフト開発には定評があります。
ちなみに、Nikと言うと…Nikonと混同してしまう人もいるかも知れませんが、
Nik社はニコンとは全く関係のない別会社です。

実はこのソフトを購入する前は、
「Neat Image」というノイズ除去ソフトのフリー版を使ってました。
日本語化されていないため英語のみのソフトですが、
まずまずディテールを残してノイズを除去できるスグレモノで、
かなり気に入ってはいましたが
デモ版ということでExif情報を保持出来ないことや、
いかんせんプレビューの表示方法や除去設定の煩雑さが面倒で
評判の良いDfineの試用版をダウンロードして使用してみたところ、
とても使いやすかったので購入に至りました。

このソフト、ディテールを残したままノイズをきちんと除去できますし、
プレビューも見やすい・色のポイント指定で除去範囲を指定できる、など
使いやすい上に効果抜群でとても重宝しています。

ソフトウェア・トゥーという会社が代理店として販売していますので、
興味がある方はこちらから見てみてください。
そして、是非ダウンロードして使用してみてください。

また、Neat Imageに興味がある方は
こちらからダウンロードできます。
使い方は、僕はここを参考にさせてもらいました。


……ホントは比較画像を掲載する予定だったのですが、
この手の比較にはかなり大きめの画像を掲載しないと分かりにくく、
大きめの画像をアップしようとすると容量オーバーで却下されてアップを諦めました…。
あ、そうそう。当然、リダクションを強くかけすぎると
ディテールは飛んでしまいますので悪しからず…
ノイズリダクションの基本は、「ほどほどに」「必要最低限に」です。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/146-89a5117a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。