プロフィール

mabe

Author:mabe
二児のパパです。
子供たちの成長記録を主に、
時々の雑感や独り言を綴っています。
趣味の写真にもお付き合いを(^^)

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rawとjpeg

デジカメで写真を撮った時に保存できるデータの種類に、
「raw」データと「jpeg」があります。
rawデータとは、その名の通り「生の」データな訳ですが、
こいつ、jpegと比較するととんでもなく容量がかさばります。
また、jpegと違って画像データではないため、
一般の画像ビューワでは閲覧することが出来ません。
僕が知る限り、デジタル一眼レフは全てのカメラがrawデータの保存に対応していますし、
最近では一部コンデジでもrawデータに対応したカメラが発売されているようです。

で、容量的にはかさばるし、
画像データではないからそのままでは画像が見れないrawデータですが、
「raw」データと「jpeg」、いずれを選ぶかといわれると、
僕の場合すべてrawデータのみ保存で撮影しています。

なぜかと言いますと…。
jpeg画像は、rawデータをカメラ内部のプログラムに従って処理した結果
得られる画像データでしかありません。
いろんな要素が確定された結果としてjpeg画像が得られるわけですね。
つまり、レタッチを行うことを前提に考えると、
すでに手が加えられているjpegってものすごく扱いにくいんです。
その点、rawデータは加工の自由度が非常に高い。
撮影後に、露出や色合い、コントラストやシャープネスなど、
様々なパラメータを目的や好みに合わせて比較的自由に変更することができます。
ちなみに、キャノンの「ピクチャースタイル」やペンタックスの「カスタムイメージ」は、
色合いやコントラストなどのパラメータを
「ポートレート」や「風景撮影」など、目的別にメーカー側が任意に設定しているもので、
その設定に従ってraw→jpegの変換が行われます。
従って、rawデータを保存しておきさえすれば撮影後に自由に変更できます。

【rawデータを使用したレタッチの一例を載せておきます。】
*オリジナル*
1_original.jpg

*レタッチ後*
2_raw_sp_hosei.jpg

一枚目は僕がraw+jpegで撮ってたころの基本設定によるjpeg。
二枚目が同時に撮影したrawデータを色味が鮮やかになるように
レタッチした後にjpegに出力したもの。
このようなレタッチをjpegから行おうとしても、
画質の劣化が激しく、思ったようにレタッチ出来ないことが多いと思います。



僕の場合、撮影の際にrawデータを保存する最大の理由は、
jpegと比較するとrawデータのダイナミックレンジが圧倒的に広いからです。
写真の世界で言うダイナミックレンジって、簡単に言うと、
ハイライト部分をどれだけ白飛びさせないか、
シャドー部分をどれだけ黒潰れさせないか、
ってことです。
(正式な言葉の意味としては若干異なりますのでご注意)
要は、露出補正を行いたい時に、
rawだときれいに補正出来て、
jpegだと白飛びもしくは黒潰れしてしまうことが多いということなんですね。
分かりやすいように、
rawで露出をプラス補正した後にjpegに出力したものと、
jpeg画像から同じように露出をプラス補正したもののサンプルを載せておきます。
*rawでプラス補正*
3_raw_sp+1.jpg

*フォトショップエレメントでプラス補正*
4_PSE.jpg

一枚目がrawデータを補正した後にjpegに出力したもの。
二枚目がjpeg画像から同程度の明るさになるように露出をプラス補正しようと試みたもの。
その差は歴然で、jpegから補正した写真は
同程度の明るさに辿り着く前に白飛びしてしまっています。


このように、rawデータを残しておくと加工する上で非常に有益なだけでなく、
jpegでしか撮影していない場合に比べて"使える"写真が多く残ることになると思います。
また、このrawデータの豊富なダイナミックレンジを利用した撮影方法に、
ごくごく一般的なものとして次のような手法があります。

どうしてもシャッター速度を稼ぐことが出来ず、
被写体ぶれや手振れを起こしてしまいそうな場面に遭遇した場合、
緊急避難的に露出をアンダーに落としてシャッター速度を稼いだ状態で撮影します。
この状態から、レタッチ時に露出をプラス補正し適正露出に戻してあげます。
これも、jpegでは到底真似が出来ない手法です。
ただし、適正露出が最適であることは言うまでもありませんのであしからず。

このように使い勝手がとてもよいrawデータですが、
raw→jpegの変換("現像"という)を行うソフトウェアによっても違いがあります。
といっても、画質に関してはそれほどはっきりとは分からないとは思いますが…。
僕は最近、キャノン純正のDPPというソフトウェアから
「silky pix」というソフトに鞍替えをしました。
このソフトは、市川ソフトラボラトリーという会社が作製している純国産のソフトウェアです。
このソフトの利点は
・パラメータの微調整が利く
・一括現像機能やホワイトバランス調整ツールなど便利機能満載
といった所です。
また、パラメータを変更する際に
デフォルト設定が豊富に用意されていることもポイントが高いと思います。

もうひとつ、このソフト、jpegオンリーの人にとってもありがたい機能として、
jpeg⇔rawの橋渡し機能が挙げられます。
これは、jpegをレタッチする際にソフトウェア側で
一時的にjpegをrawデータに変換してレタッチを行ってくれるとても優れた機能です。
サンプルとして、jpegをsilky pixで露出プラス補正したものを掲載しておきますので、
フォトショップエレメントでプラス補正したjpeg画像と見比べてみてください。
*silky pixにてjpegプラス補正*
5_jpeg_sp+1.jpg

*フォトショップエレメントでプラス補正*
4_PSE.jpg


jpegの補正をDPPで行おうとしても、ほぼフォトショップエレメントと同様の画質しか得られませんので、
この点はsilky pixの優れた所かな、と感じています。
ただし、jpegからrawデータをおこすと言っても、
写真からフィルムをおこすのと類似の作業だと思いますので、
もっと過酷な条件では当然ながら差が出てくると思います。
やはり、最初からrawデータを保存するように設定して撮影するのがベストです。

僕が使っているのはライセンス版ですが、
フリー版もありますので、
興味がある方はこちらのページから
ダウンロードして使ってみてください。
当然一部機能に使用制限はありますが、
フリー版としてはかなりの部分を使えるようにしていただいていると思います。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://matomato2224.blog28.fc2.com/tb.php/119-3989b8b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。